こうしす!/企画概要

提供: OPAP-JP
移動先: 案内検索

プロジェクトメニュー:プロジェクトホーム | 企画概要 | メンバー | 設定資料集 | シナリオ集 | 動画作業工程 | 音声作業工程 | 関連ページ一覧 |

Kosys-logo.svg

Twitter Header 201506.png

社内システムエンジニアの悲哀を描くコメディアニメ!


ここは、関西の中堅私鉄「京姫鉄道株式会社」。
やる気無し社会人一年生、祝園アカネ(ほうその あかね)は、広報部傘下のシステム課に配属された。オフィスワークに喜んだのもつかの間……。

社内に蔓延る無数の魑魅魍魎(古いシステムや機器)、そして次々発生するセキュリティインシデント。 そんなトラブルの数々に振り回されるアカネと、システム課メンバーの奮闘を描く、社会人コメディ。


これは、彼女たちの、熱き(?)闘いの物語である! 


作品概要

タイトル
こうしす!
ジャンル
コメディ(会社モノ)
ターゲット
  • 十代から二十代の男性。(参考:ニコ動の年齢層
  • 特にパソコンや周辺機器の基本的な知識を持っている人(無線LAN、コンピュータウィルスなどの最低限の知識を知っている人)
  • さらに以下の人であればより楽しめる要素をちりばめる
    • 会社員
    • 鉄道が好きな人
    • 海外SFドラマが好きな人
媒体
オンライン(特にニコニコ動画、Youtubeなどの動画共有サイト)
構成
基本は1話完結。1話あたり15分+α。少なくとも6話制作。好評であれば続編の制作も検討。
予算
年間10~100万円(今後、クラウドファンディング等を利用予定)

コンセプト

コメディアニメで情報セキュリティを普及啓発

これまでもアニメ作品でセキュリティを普及啓発する試みは行われてきました。しかし、それだけではつまらない。「セキュリティ普及啓発アニメ」と聞いただけで、殆どの方は回れ右してしまったのではないでしょうか。確かに理解をする助けにはなりますが、残念ながら説教臭いものが多く「楽しい」ものではありませんでした。それで、多くの方がセキュリティに関心を持てるかというと疑問が残ります。

そこで、「こうしす!」シリーズでは、一貫して「楽しい作品」を追求しています。行政や教材開発会社が制作するような真面目な作品ではなく、あえてコメディ作品とすることで、まずは気軽に情報セキュリティに興味を持っていただくことを目指しています。特に青少年層にターゲットを向けた作品ですが、サラリーマンあるある、IT業界あるあるといったネタもちりばめ、より幅広い年齢層の方々に楽しんで頂けるよう制作しています。

  • 第1話のテーマ:「XPサポート期限切れ」……いつまでも古いOSを使っていると怖いことになるよ→OSはちゃんとアップグレードしよう
  • 第2話のテーマ : 「動けばいいってもんじゃない」 サポート期限切れであたふたするソフト開発現場を描く
  • 第3話のテーマ : 「セキュリティ事故は絶対に起きる」…… 事故が起きる前提の対策を取ろう


セールスポイント

教材アニメよりも、楽しいアニメを

楽しいアニメが作りたい。それが、根幹的な想いです!
そして、このアニメのテーマである「情報セキュリティ」に興味を持っていただくためには、何よりもまず楽しさが必要です。
時には笑いのために事実を誇張し正確さをちょっと犠牲にしてしまうなど、教材アニメにはない自由さで制作します。


ヒロインは計画的怠惰主義者で、諦め系の皮肉屋

すべてにおいて諦めてしまった感じのヒロインで、ことあるごとに楽をしようと企んでいます。
斜に構えた物の見方、丁寧な口調で繰り出される皮肉、そして、あえて空気を読まないところが格好いい。
ダメなシステムや会社を相手にしなければならない技術者のぼやきを代弁してくれるはず!?


誰でも自由に利用できる

CC-BY.svg

OPAP-JPでは標準の利用許諾としてクリエイティブ・コモンズ 表示(CC-BY)を採用
適切なクレジット表示を行うことを条件に、どなたでも目的を問わず無償かつ自由に利用していただけます。


各種設定

舞台設定

京姫鉄道株式会社(きょうきてつどうかぶしきがいしゃ) 通称:京鉄(きょうてつ)
京都から篠山経由で姫路までを結ぶ中堅私鉄。鉄道事業単体ではギリギリ黒字。一時は鉄道事業の大赤字で経営危機に陥っていたが、山家が提案したIT施策により黒字化した。
IC乗車券を真っ先に導入したのも京鉄。
広報部システム課
システムは社内向け広報の一種という考え方で広報部傘下に設置された部署。『システムを使った部署間の橋渡し』が役割。各部署へ「取材」という形で訪問し、システムへの要望などをヒアリングするほか、その部署で取材した内容を社内専用のWEBページで掲載するなど、広報部としての性格も重ね持つ。この部分が一般的な会社の情報システム部門と異なるところである。開発手法は少数精鋭でのアジャイル開発(最小限の状態で初版リリース、逐次改善・機能追加など。開発重視ではなく保守重視型の開発サイクル)を取っている。重要な基幹システムは大手ベンダーに外注するが、基本的な要件のとりまとめなどは内製する。

登場人物

こうしす!公式サイトの登場人物一覧をご覧ください、

https://kosys.opap.jp/characters/


シナリオ一覧


プロジェクトメニュー:プロジェクトホーム | 企画概要 | メンバー | 設定資料集 | シナリオ集 | 動画作業工程 | 音声作業工程 | 関連ページ一覧 |