ヘルプ:表記の統一基準

提供: OPAP-JP
移動先: 案内検索

当wikiの読みやすさを向上することを目的として、表記の統一基準を以下に作成しました。当wikiを編集する際はこの基準を遵守してください。


外来語の使用

  • 外来語と日本語のいずれでも意味が通用する場合は、日本語を使用する。(例:「パブリック」→「公開」、「コンセンサス」→「合意」)
  • ただし、日本語に適切な訳語が存在しない場合や、日本語に訳することが文脈上不自然になる場合は、無理に日本語を使用しない。


OPAP-JPに関係する人員の種別

メンバー
OPAP-JPに何らかの形で参加ししている人または団体をいう。ただし外注作業者は含まない。
正式メンバー
メンバーのうち正式に参加表明し、参加を承認されたものをいう。ただし、幽霊メンバーに該当する場合を除く。
制作メンバー
正式メンバーのうち、発表作品の制作プロジェクトに参加し、素材作品または資料の作成を担当しているものをいう。
賛助メンバー
メンバーのうち、活動には参加していないが、活動内容に賛同して、金銭または現物などによる支援を行っているものをいう。
幽霊メンバー
メンバーのうち、過去6ヶ月間を超える期間において、一切の活動していないものをいう。
外注作業者
外部に発注した場合における、発注先の作業者のことをいう。
単発作業者
メンバーではないが単発で作業を行った人または団体をいう。

作品の種別

作品とは、著作物、実演、レコード、放送にかかる音又は影像、もしくは有線放送にかかる音又は影像[1]をいう。OPAP-JPにおいては、OPAP-JPの公開スペースに投稿されたすべての著作物(文章、画像、音声、動画、その他のファイルやデータのこと)が対象となる。


OPAP-JPにおいては、作品をさらに以下のように分類する。

発表作品
OPAP-JP名義で発表する作品をいう。
素材作品
発表作品に含まれる作品をいう。
資料
発表作品に直接含まれないが、制作進行上で間接的に使用された作品をいう。シナリオ、コンテ、キャラクターデザイン、タイムシート、色指定、wikiの記事など。
その他の作品
上記に含まれない作品。制作補助用のソフトウェア、掲示板への投稿など。


著作権関連

著作権関連では、表記揺れが法的な問題に発展する可能性があるため、以下の通り表記を統一する。統一表記を用いることが文脈上不自然になる場合は、対応策を協議して以下に追記すること。

表記揺れの例 正式な表記 意味 備考
License(アメリカ英語)
Licence(イギリス英語)
License ライセンス OPAP-JPでは原則的にアメリカ英語(米語)を使用する。
ライセンス
著作権ライセンス
使用許諾
利用規約
利用許諾契約書
利用許諾 作品の著作者(権利者)と利用者の間で締結される契約で、どのような条件でどのような利用を許諾するかなどを定めるもの。 「○○ライセンス」という表記の場合は、「○○利用許諾」に置き換えないこと。
○○ライセンス ○○ 「ライセンス名称+ライセンス」という表記は行わず、ライセンス名称のみを記述する。(例:CC-BYライセンス→CC-BY)
原著作権者
オリジナル著作者
素材作品制作者
原著作者 作品に含まれる著作物を創作した個人又は団体のこと。 CC-BY 2.1 JPの利用許諾条項の定義[1]に統一する。
作品の制作者
権利者
許諾者 作品の利用を許諾する個人又は団体のこと。 CC-BY 2.1 JPの利用許諾条項の定義[1]に統一する。
二次著作物
n次著作物
二次的著作物 著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、または脚色し、映画化し、その他翻案することにより創作した著作物をいう。編集著作物又はデータベースの著作物を構成する著作物は、二次的著作物とみなされない[1][2] CC-BY 2.1 JPの利用許諾条項の定義[1]に統一する。 CC-BYの利用許諾においては、間接利用の場合でも二次的著作物となる(原著作者との直接契約となる)ため、あえて「n次著作物」という表記をする必要がない。

脚注

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 参考: クリエイティブ・コモンズ リーガル・コード (アトリビューション 2.1 日本)
  2. 加えて、CC-BY 2.1 JPの利用許諾条項においては、『原著作者及び実演家の名誉又は声望を害する方法で原著作物を改作、変形もしくは翻案して生じる著作物は、この利用許諾の目的においては、二次的著作物に含まれない』とされている。